DISC REVIEW

京都音博での交流が生んだ南米の才能とのコラボレーション


くるりは自分たちが気に入ったアーティストをその(日本での)知名度にとらわれず京都音博に出演させ、日本のリスナーに向けて紹介してきた。近年でもチリのカミラ・メサ、イスラエルのシャイ・マエストロ、台湾のクラウド・ルー、インドネシアのディラ・ボンなどなど、ジャンルも地域もばらばらだ。今回くるりはそんな招致を機に親交を深めた3人のアーティストとのコラボ音源を発表した。共に楽曲を制作したのはアルゼンチンのトミ・レブレロ&ロリ・モリーナ、ブラジルのアントニオ・ロウレイロと南米の2組。アルゼンチンとブラジルはお隣同士で、音楽的にも交流が盛んで影響を受け合っていたりはするが、それぞれスペイン語とポルトガル語で言語は違うし、音楽的にもカルチャーは異なる。しかも、この3人はそれぞれ音楽的なキャラクターが全く異なる。そんなアルゼンチンとブラジルのアーティストに同じ楽曲を渡して、それぞれに自由に歌や演奏を乗せてもらって、リモートで作ったのがこの2曲。ここで岸田は作編曲とプログラミングに専念し、歌も詞も南米の3人に委ねた。曲名が違うのはそれぞれの曲の歌詞の違いによるもの、だろう。地球の裏側で活動するアーティストたちがくるりの楽曲の上で自身を存分に表現していて、それぞれの曲はまるで彼らのが楽曲のようでもある。ただ、彼ら自身の作品を聴いてみれば、この曲が彼らの中には無かった“くるりとのコラボだからこそ”の曲であることがわかる。これまでのくるりとは少し違う。だけど、くるりにしかありえない。これはくるりにとっても新しいチャレンジなのかもしれない。

 


 

Humano (feat. Antonio Loureiro)     

アントニオ・ロウレイロの名を一躍広めた『SO』というアルバムは、ロウレイロが様々な楽器を1人で演奏し、それを重ねて作ったシンガー・ソング・ライター的な作品だった。そのリズムやハーモニーには現代のジャズにも通じる洗練や複雑さがあり、それをどこかクールな質感でまとめ上げるポストプロダクションのセンスにはポストロックにも通じるものがあった。その上でロウレイロの音楽にはブラジルらしい旋律やサウダージとでも呼ぶしかない情感があった。ここでのロウレイロは声だけを使っているが、タブラ奏者のようなヴォイス・パーカッションを加えただけで、リズムが一気に刺激的に感じられるようになるし、ロウレイロ特有の憂いを孕んだハイトーンによるコーラス・ワークと、そこにデジタルな質感をまとわせれば狂おしいほどの切なさが楽曲に宿る。既存の楽曲に声を重ねるというプロセスだけで、ここまでの変化を出せることに、そして、ここまで自分の色に染められることに改めてアントニオ・ロウレイロというアーティストの底知れぬ才能を思い知らされた。それはそのベースになった楽曲がロウレイロの個性が発揮できるような構造をしていたからこそ、だろう。冒頭のピアノのフレーズとドラムのパターンが鳴った瞬間に僕はロウレイロとの相性の良さを確信したのだった。

Text:柳樂光隆
 



Comment(Antonio Loureiro)

この「Humano」は、いろいろな意味で喜びがあり、またチャレンジでもありました。 
私自身の音楽とはとても異なりますし、歌詞を書くのはいつでも簡単ではありません。

最も難しかったのは、私たちが生きている今、この時期に曲を書いたことです。今生きているこのチャレンジングで避けられない時世について語っています。

2015年、京都音楽博覧会で演奏する機会を与えてくれた、くるりと一緒に音楽を作ることができて光栄でした。近いうちに、一緒にお祝いしたり、もっと一緒に音楽をつくれることを願っています!

 

This song was a pleasure and a challenge in many ways. 
So different from my music and also writing lyrics is not always easy for me.

And the most difficult part was writing music on the period we are living now so eventually it speaks about this challenging and inevitable moment we are living.

It was an honor to make music with these beautiful people i had the pleasure to meet in 2015 when they gave me the honor to play in their festival in Kyoto. Hope we can celebrate and make more music together soon!

 

 

 CREDIT 

Words by Antonio Loureiro
Music by Shigeru Kishida
Arranged by Kishida / Sato and Antonio Loureiro

Shigeru Kishida: Programming 
Masashi Sato: Fretless Bass
Fanfan: Trumpet
Antonio Loureiro: Vocals, Human Beatbox
Yasuhiro Nozaki: Piano
Cliff Almond: Drums
Instruments Technician: Toshiaki Sujino (Mew)

Recorded by Yoichi Miyazaki, Mitsuhiro Tanigawa, Daisuke Koizumi, Masashi Sato, Antonio Loureiro
Recorded at FREEDOM STUDIO INFINITY, Studio First Call, music studio SIMPO, STUDIO 2034, Masashi’s Home, Antonio’s Studio
Mixed by Dietz Tinhof at Immersive Music Mix