LIVE REPORT

雨のパレードとBBHFの2バンドだからこそ織りなす音の世界

ame_no_parade×BBHF
Two-man live”Detune” 
2022年3月4日(金)@東京・Veats Shibuya 


REPORT | PHOTO | SETLIST



 

 BBHFとの対バン・ライヴのタイトルが〝Detune〟。うまいこと名付けたなあ、と思う。ディチューンとは微妙に音程を変えた二つの音を同時に鳴らすことで厚みや広がりを得ること。シンセサイザーの音作りなどで使われる用語だ。

 実際、両バンドはシンセも多用している。それだけでなく、ポップな中にも非常に実験的なアレンジをほどこした曲も多い。また、共に正規メンバーにベースがいない編成だったりもする。そしてBBHFの3人は北海道出身で、雨のパレードの3人は九州は鹿児島県出身。この地図の左右に振り切れた感には追加があることに、ライヴ会場に足を運んで気づいた。ステージにセットしてあった先攻のBBHFのドラムは下手(舞台向かって左端)に置かれていたのだ。雨のパレードのそれは上手(向かって右端)が定位置であるのに対して、だ。

 開演前から様々な共通項を見せていた両者。やがてBBHFのステージが始まった。サポート2人を加えた5人編成であり、まずはうち3人がギターを弾く、という形でスタートだ。といっても大所帯感もなければラウド感もない。どころか1曲目の「僕らの生活」で広がったのはのどかさだった。そこに尾崎雄貴のまっすぐな声が空のような高さを加えてゆく。それは「だいすき」や「リテイク」といった斬新な構成の曲でもゆるぐことがなかった。

 「共演できると分かってからズッとたのしみだった」という短いMCを経て2ブロック目へ。ここで明らかに一段、バンドの熱量が上がったのが分かった。7曲目「リビドー」「クレヨンミサイル」あたりでは気がつくと階下のお客さんの体も大きく動いていた。さらに気づいたことには、尾崎和樹のドラムも動き音量ともに大きくなっているように見えた。

 2番目のMCでは「もともとお互いの作品にレコメンドを寄せ合っていた」「今日のお客さんはどっちのバンドも好きな人が多いらしい」といった共演できたことの喜びが伝えられたのち、最後のブロック。末広がりに熱を帯びていったステージはピークを迎えて終わりを告げた。

 控えめな人たちが着実に加熱していく、といった印象を残したBBHF。対して雨のパレードのそれは多方向にはじけていた。まず冒頭。開演を告げるBGMは通常の音楽ではなく、シンセの短いフレーズのループだった。そして「Override」「if」というソウルフルなナンバーから始まった。のっけから大澤の毅然としたビートで。

 最初のMC。福永は「コロナ期間で対バン欲が溜まっていた」「BBHFはめちゃくちゃ好き。すごいシンパシーを感じる」と述べたあと〝Detune〟について、1つだけだと単純でもちょっとだけ違う2つのものが出会うと豊かになる、と説明した。

 次のブロックは不穏なムードを醸し出す「scapegoat」。山崎はギターを置き、キーボードに専念する。その後は「Summer Time Magic」や「ESSENCE」といった4つ打ちのダンス・チューンが続き次のMCへ。ここで場面は一転する。山崎のギター、サポートの雲丹亀のベース、大澤のグロッケンが奏でるゆったりと優しい生演奏をバックにMCが始まったのだ。

 「(前回のライヴから)5ヶ月もあれば世界は一変します。僕は祖父が亡くなりました。上京するまで応援してくれた祖父‥そして亡くなった次の日には親友の子供が生まれました。人生って不思議。みんなにもすごく人生の繋がりを感じます」

 オーガニックな音に載せた生なモノローグ。そこから山崎だけがキーボードにチェンジして「morning」へ移行する。MCの中の紆余曲折をフラットにするかのような穏やかな歌だった。さらに福永もキーボードを弾いたところから間合いとビートの両方を兼ね備えた「Tokyo」、そして彼らの中でもっともアクティブな曲の一つ「Ahead Ahead」へ。
 このグラーデーションに場内は一気に盛り上がりを見せた。そして縦横無尽なセトリをひとことで代弁したかのような「BORDERLESS」で本編は終了。アンコールの拍手に再登場したその福永の第一声に場内は笑いを堪えきれなかった。

「(サウンドチェックのギターの音で)拍手が弱まったのでこのまま帰らなきゃいけないのかと思って、泣きながら裏で拍手を始めたのは僕です(笑)」。そしてわざわざ北海道から来てくれたBBHFに感謝の気持ちを、ということで彼らのナンバーをカバーすることを明かした。

 曲はBBHFもオーラスで披露した「なにもしらない」。原曲にある打ち込みの部分までも再現した上でのカバーだ。カバーというのは同じキーでやろうとするとプロでも無理がある場合が多いが、福永の声は尾崎と同じ音域でこの曲のメロディーを辿り切っていた。そこにもDetuneという言葉の証があるかのように。ところが、曲が終わったとたんに彼は床に崩れ落ちた。
「あー、一番の歌詞、まちがったー。でもみんなが雨のパレードをカバーするときは歌詞を見ながらだけど、オレは今日、見ないで歌ったよ、っていうのを記憶して帰ってください(笑)」

 実験的にもあけっぴろげにもなれるバンドのオーラスは「new place」。音源だけでは語りきれなかった2つのバンドの違いを見せて〝Detune〟は終わった。
 

 

Text:今津甲
Photo:
Taku Fujii

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SET LIST

 

[ BBHF Set List ]
1. 僕らの⽣活
2. シンプル
3. だいすき
4. バック
5. リテイク
6. Torch
7. リビドー
8. クレヨンミサイル
9. かけあがって
10. 死神
11. 真夜中のダンス
12. なにもしらない

[ 雨のパレードSet List ] 
1. Override 
2. if 
3. scapegoat 
4. Count me out 
5. Summer Time Magic 
6. ESSENCE 
6(2). speech (Interlude) 
7. morning 
8. count me out 
9. Tokyo 
10. Ahead Ahead 
11. BORDERLESS 

EN1. なにもしらない(BBHFカバー) 
EN2. new place